テスト管理ツール『Test Management for Jira』の使用感とか 管理ツールはやっぱり欲しい

テストケース、どのように管理していますでしょうか。

Excelでの管理からTest Management for Jiraを2か月程度使用した所感と運用についてつらつらまとめていきたいと思います。

シンプルでパワフルな機能が多く、かつ他のテスト管理ツールに比べると割安で個人的にExcel管理から置き換えたいなぁという印象でした。

現状日本語には対応していませんが、あくまでキーワードとして出てくるので、置き換えていただければ。

Test Management for Jiraとは

Test Management for Jiraは、ワークフローアプリJiraのサードパーティー製プラグインになります。

Jira自体の紹介は割愛させていただきたいと思います。

ワークフロー内にテスト管理も一緒にセットで行うことで、開発、テスト、リリースまでを同じプラットフォーム内で実現できるのでいいよねって感じの話でした。

今まで使った機能

検索、タスク紐づけ、履歴管理、環境フラグ、Excel入力、Excel出力、レポート出力

ゆくゆくは使いたい機能

CI/CDツール連携

いいところ

差分がとれる

Excelで管理するとhogehoge_20200120.xlsとかなってしまうので、履歴を残しつつ一元管理できるのは良い。(表とかだとちょっと差分がカッコ悪いけど、文字なら大丈夫です。)

同じテスト計画で環境だけ変えるといった使い方ができる

これは、Test Case、Test Plan、Test Cycleの概念になってくるのでまぁ標準でついてますよっていう感じです。

公式ページより

図で分かるように、Test Planを立てて、Test Cycleを回す感じですね。

環境ごとにファイルを用意してもいいですが、後からTest Planを変更することもできるので、追加のテストが発生しても、ファイルが肥大化しにくい感じです。

レポート機能

どのテストツールでもレポート機能は充実しているのでないと不便であると便利です。

検索・Jiraとの連携

この辺りはどのツールでもそうですが、Excelだと複数またがって探せないのと、紐づけが大変なので、ツールがあると資産が埋もれず活用しやすい状態になるので良いです。

Excelとの相性がそこそこいい

テーブル貼り付け、Excel出力(書式等はリセット)対応しています。

テーブル貼り付け

ユニットテストのテストデータは、大きめの処理であれば一旦Excelのテーブルに書いてからVBAで配列に書き起こしているので、テーブルのセルを保持したまま貼り付けることができるのはとても助かります。

※ただし、貼り付け時に書式を保持するかどうかポップアップが開かれます(keep or clean)。この時にcleanを選択しないとreport output (detail)時の書式がページ内に収まらなかったりします。(サポートの人ありがとう!)

Excel出力

テストデータをExcel形式で出力する方法もあります。

ただし、書式はリセットされ1つのセルに1つの文字列として入るので、テーブルの文字列情報だけが残る感じです。あくまで緊急避難的な用途が近いかなぁと思いました。(もしくは出力に備えてもっと小さ目のケースを書いていく感じ)

気になるところ

英語がデフォルトなところ。

サブスクリプションなので稟議が大変。(オンプレミスだと買い切りなのでそっちを使うのも手10人までなら1190円)

サポートについて

英語ですが1営業日以内に返信が頂けました。時差のためか夜9時頃に返信があるので、1日1通ずつやっていってサポートいただける感じです。サポートの方も親切で、エンジニアの方へのエスカレーションの場合もあるとのことでした。情報が少ないのでありがたいです。

日本語対応や、テストデータの完全エクスポートはまだ対応していないみたいです。

まとめ 管理ツールは良いぞー

RPAチックな感じですが、管理ツールで間接業務を減らして、情報も集めて、付加価値の高い仕事をするというツールです。オンプレミス用あれば本1冊分で末永く利用できます。ノウハウも溜めつつ、コストカットもしつつ、いいですね!

1月25日の座談会でもJiraの話をもうちょっとします!よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする