オライリーの技術書PDFを格安でまとめ買いしながらチャリティーする方法

宣伝

11月23日(金・祝)に第三回福山IT座談会があります。

おいしいご飯とお酒を飲みながらLTと交流会ができればと思います。

応募締め切りは11月19日まで。近隣の方ぜひ、ご参加いただけると幸いです。

connpassページへ

本題

「最近、オライリーの本が欲しすぎるけど、日本語版も電子書籍化てない・・・」と思ってブログの記事を書こうとしたけど、公式が出しとるやん・・・!

Amazonのkindle版しか見てなかったから、知らなかったよ・・・。

O'Reilly JapanO’Reilly Japan Ebook Store

O’Reilly Japan Ebook Store

O’Reilly Japanの書籍がすべてDRM Free、可搬性と検索性に優れたEbookでご活用いただけます。

ごほん。

Humble Bundle使おう

最近、買い物しながらチャリティーするサービスとかないかなぁと探していたら、

Humble Bundleというサービスがサンフランシスコにありまして。

ゲームと本をこちらのサービスから購入すると、利益が赤十字はじめ、各支援団体に流れるというモデル。

ゲームを買う

ゲームに関しては、ゲームを購入してSteamや指定プラットフォームに配信という形がとられており、最新のゲームや人気タイトルであれば、殆どこのサービスから購入できる。そのため、最新ゲームがすぐほしいということであれば、他のプラットフォームと比べて価格に差はなく、利益が社会貢献に使われるなら、積極的に使いたいと思う。

もちろん、指定金額以上に支払うことが可能であり、差額は寄付として支援団体に流れる。

更にセールも行われており、11/18現在では、

SID MEIER’S CIVILIZATION® VIが75%オフの14.99ドル。

NIER: AUTOMATA™が50%オフの29.99ドル。

となっている。

本を買う

本に関しては、オライリーやMake:といった技術系の出版社のタイトルがセットで販売されている。

最低販売価格は5冊1ドル、10冊8ドル、15冊15ドルとなっている。

1冊1ドルですよ!もちろん多く支払って寄付することもできます!

今回はDevOps特集が組まれており、以下のセットで購入できる。

最低支払金額 タイトル
1ドル ①Effective DevOps

②Moving Hadoop to the Cloud

③Cloud Foundry: The Definitive Guide

④Kubernetes: Up and Running

⑤Linux Pocket Guide Third Edition

8ドル ①Cloud Native Infrastructure

②Jenkins 2: Up and Running

③Deploying to OpenShift

④Database Reliability Engineering

⑤Practical Monitoring

15ドル ①The Site Reliability Workbook

②Seeking SRE

③AWS System Administration

④Prometheus: Up and Running

⑤Designing Distributed Systems

今回はJenkinsの本とDatabeseの本も欲しいから8ドルかなぁ。

購入方法

登録する

トップページから、SIGN UPをクリックし、登録する。

買いたい商品ページへ

今回は、DEVOPS特集の商品を買いたいので、DEVOPSのページへ進む。

商品ページでGET THE BUNDLEを押すと、購入情報の部分までスクロールされる。

買いたい商品(バンドル)を選択。

今回は$8を選択。

追加で寄付がしたい場合は、Custom Amountで希望の数値を入力。

支払い方法は下にスクロールすると出てくる。

ALIPAY、Amazon Pay、PayPal、クレジットカードを直接入力する方法があるけれど、個人的にはAmazon PayかPayPalをお勧めする。やっぱり分からないサービスに対して直接クレジットカード情報を入力するのは怖い。

※Choose where your money goesは支払い額の配分を変更することができる。

支払い方法をクリックすると決済ページへ飛ぶ。

支払い完了すると、支払完了ページへ。

GET YOUR BOOKSで購入した商品一覧ページへ進める。

購入後は、指定商品をクリックすると、MOBI、EPUB、PDFの3つの形式から書籍をダウンロードできる。

今回はPDFを入れる。あとは、iPadに入れて、完成!

お疲れ様でした。