今年の目標と昨年の振り返り

2018年が終わりました

昨年は色々あったので早い1年でした。

今年は猪にあやかり、まっすぐ目標に進んでいけるよう頑張ります。

昨年の振り返りをしていこうと思います。

勉強会を開催・参加していた

毎月ふわっと集まる福山IT座談会をやっています。

福山でもくもく会をやっていた黒歴史があったのですが、楽しくないなぁということで、座談会スタイルにしました。

福山IT座談会は基本月末の金曜日か土曜日に開催されている会で、福山のエンジニア・デザイナー・興味のある方が交流と学習を行いながら、参加者や福山の技術力向上を狙っている会です。

知の高速道路の話が好きで、福山でもウェブや技術についての知の高速道路を整備しつつ、その先にある未開拓の所をさらえる場所にしていきたいという思いがあります。

そのため、間口として座談会があって、より詳しいことを語り合いたい時はメンバーが集まって細分化していかないかなぁと狙っています。

もちろん、新規の方も呼びたいというのと、古参のノリも大切にしたいので、雰囲気が分かるように刊行誌の発行を予定しています。基本的には座談会で取り扱った議題をもう一度振り返って、文章にしっかり落とし込んでいくスタイルです。

第一回の発行は2月末の座談会の日を予定しております。

また、勉強会にも参加するようになりました。大勉強会・大忘年会は参加できて良かった会の一つです。

中国DB勉強会を主催されていたそーだいさん、ツイッターで絡ませていただいてたほぼろさん、むじんさん、たくさんの方と繋がりができ、かつお話しも聞けたのでモチベが上がりますね。

また、尾道Python、すごい広島にリモートで参加させていただきました。

すごい広島についてはテレビ環境も用意していただき、本当に刺激的でした。平日にあんなに人が集まって、濃い話が聞けるのは広島すごい。違うすごい広島。

フリーランスになった

私の働き方に在宅という制約がついてしまい、SESで働くことは難しくなりました。

収入が不安定になる反面、多くの方とお仕事ができるようになったことは喜ばしいことです。

昨年は、仕事を回すことやリズムを整えることに注力しました。

今年はインフラ周りの掘り下げ、業務改善のスキルアップ、障害者の就労の場をつくることを目標に置きたいです。

インフラ周りの整理

インフラ周りについては、環境を構築することやISO関係のドキュメント作成を通して必要性を感じているためです。

コードを書けるスキルは知の高速道路が整備されている領域に近く、Progateやその他のオンラインサービスである程度担保できるのが実情だと思います。

といっても、エラーメッセージを紐解く等は、ほかの記事でも言及されている通り、楽しいと考えられる立場なのでおそらく少数派、強い寄りになってしまうんだろうなぁとは思います。

割とインフラ周りの経験は組織に所属していないと共有されない部分があるというのが一つと、地方でも密着している必要があるのは理由だったりします。

東京から保守に出張費がかかるのと、顔が見えるのは福山で活動する時に大きいかなぁというのがありますね。

業務改善のスキルアップ

業務改善はISO27000のドキュメント作ってる時にやっぱしんどいけど楽しいなぁとなっているのが主でした。ITILも組み合わせるともっと楽しくできるので、スキルアップですね。頑張りたいです。

障害者の働く場

割と身近になってきた感がありますが、発達障害はじめとした精神障害者で雇用されている人。実は2%しか雇用されていないんですよね。人間関係の構築、勤務形態が安定しないこと、合理的配慮が難しい等があり、仕方がないと言えば仕方が無いのですが。

そういった人が身近に居たりするので、本人もキツイのはわかってます。経験もないからシステム開発に関わることができない。って感じの人に教育と働く場をですね・・・。

とりあえず、5万円でパソコン・教材とか丸っとお渡しして、3カ月間は面倒見ますんで当事者の方で興味のある方は、お問い合わせかTwitterで絡んでいただけたら。基礎を掴んで仕事にしましょう。

まつあきがどんなやつか会ってみたいという方は、福山IT座談会を毎月やってますので、そこでエンジニアコミュニティも含めて見に来てください。

お仕事 宣伝も兼ねて

PHPが中心。WP、Laravel多い。
あとは、仕組み化、ドキュメントの用意とか。

業務範囲によるが、1人日/5万円で基本的にやっている。

昨年はPHPはWPやプラグインの開発をやってた。楽しい。

Laravelも無難なwebアプリを作ってる。2月に公開する。

コンサル的に入ることもある。事務処理が追い付かないから、ISOを入れたいから、仕組み化してほしいとか、割とプログラムを書かないことがある(もちろん書くケースもあるけれど)。

ついコードを書いて解決したくなるんだけど、業務理解やヒアリングが大切で、この辺りはコミュ力というより傾聴力とクロージングまで持っていく資料作成能力とか。この辺りは前職で色々やったなぁというので慣れているからいいんですけどね。

システム担当雇うまではいかないけど、業務効率化したい方はご検討ください。仕組み化とプログラムの作成まで一括でやるので、コミュニケーションによる費用増が少なくなります。
(ブルックスの法則では関係者が2倍になると4倍のコミュニケーションコストがかかるとされています)

お問い合わせへ