うちの子は発達障害?福山市の相談機関

文部科学省によると児童の6.5%が発達障害であると言われています。

発達障害は薬や医療で治るものではなく、適切な生活習慣や服薬を通して症状の軽減、社会への適応をしていくのが現状です。

早いうちから指導や服薬をすることで、児童の躓きやトラブルを減らすことができます。

もしかして、と思ったら専門機関に相談することをおすすめします。

このページでは、

①発達障害についての特徴

②相談機関の詳細

を紹介しています。

発達障害の概要

発達障害は、特定の決まった病気や障害を指すものではなく、発達に課題を抱え、社会や学習に不適合を起こしてしまった総称を指します。

発達障害は、様々な種類の障害が背景になっており、代表的なものがADHD(注意欠如多動性障害)、自閉症スペクトラム、LD(学習障害)と言われています。

図に表しますが、発達障害という枠があって、その中に要素となる障害が入っているような理解をしていたでると良いかと思います。

丸が重なっているところがありますが、これは、ADHDや自閉症スペクトラム、LDなどの障害は、単独で存在している場合もありますが、ADHDとLD、ADHDと自閉症スペクトラムといった複数の障害を同時に持っている場合もあるため、このような表記にしております。

次からは各障害の特徴について簡単にまとめます。

ADHD

ADHDは、注意欠如多動性障害と呼ばれています。漢字の通り、注意欠陥と多動性(衝動性)の2つの特性を持ちます。私が読んだ一般向けの本では、ジャイアンのび太症候群として紹介されていました。

ジャイアンは、すぐカッとなってのび太に手を出してしまいます。感情豊かで、目立つことが好きな姿は確かに多動的な面を伺うことができます。

一方のび太は、優しく温和な性格をしていますが、忘れ物をしたり、寝坊をしたり、どこか不注意な―注意欠陥な部分があります。

ジャイアン、のび太ともADHD的だと判断することができますが、衝動性・多動性と注意欠陥どちらの特性が強く出るかは児童によってことなってくることに注意が必要です。

自閉症スペクトラム

自閉症スペクトラムは、以前はアスペルガー症候群、自閉症、高機能自閉症などと呼ばれていましたが、DSM-Ⅴでは、自閉症スペクトラム障害に統一されているので、こちらを使用しています。

自閉症スペクトラムは、社会的な交流に何らかの障害がある場合に診断されます。といっても、誰しも人間関係に課題を抱えるのは当然ですが、自閉症スペクトラムの方は、ローナウィングが提唱した三つ組みの障害を抱えている場合が多いようです。

①社会的相互交渉の障害・・・他人とうまく関われない、関心を持てない。

②コミュニケーションの障害・・・会話や意思の伝達が苦手。下手。

③想像力の障害・・・目に見えないこと、言葉の裏にあることを読み取ることができない。いわゆる空気を読む能力が身に付きにくい。

これら3つの症状が対人関係において課題になってきます。

自閉症スペクトラムの方は、必要に応じてソーシャルスキルトレーニング(SST)を行い、社会のルールを学んでいくようになります。

LD

学習障害は勉強が苦手ということですが、詳細には字が書けない、読めない(書字障害)や集中して勉強ができないADHD的な特徴を持っています。

LDの場合、運動が苦手なことがあり、これは目で見たものを体に反映できないことが原因になっています。

LDの児童は改善のために、眼科、小児科で、感覚統合やビジョントレーニングといった指導を受ける事ができます。塾でも対応してくれるところはありますが、よく質問してからが無難かと思います。

早期発見と療育が大切

発達障害という概念はまだまだ新しく、知識が支援者や保護者の方に十分に届いているとは言えません。ですが、障害によって苦しむ時間を減らすためには、専門機関への相談と指導を受ける事が第一です。

相談機関

1.はじめに

もしかしたら、と思った時には下記の機関にご連絡下さい。

相談時には、

1 困っている事、

2 母子手帳

3 児童の日記帳やノート

4 通知表

を用意すると話がスムーズになります。

障がい者総合相談(クローバー)

場所:〒720-8512 福山市三吉町南二丁目11番22号
福山すこやかセンター内

ホームページ:http://www.f-shakyo.net/mamorose/mamorose.html

Tel:084-973-0968

営業時間:月~金曜日 09時00分から17時00分まで

学齢期以降を対象にしています。障がい者基幹相談センターのため、障がい者の虐待に関しての対応も行っています。

まず、こちらに電話をされると、医療機関への紹介がスムーズです。

広島県発達障害者支援センター(広島市です)

住所:〒739‐0001 広島県東広島市西条町西条414-31

ホームページ:http://www.f-tutuji.or.jp/h-scdd/

電話番号:082-490-3455

営業時間:月~金 09時00分から17時00分まで

広島県全域を対応する発達障がい者支援センターです。

児童だけでなく、成人の方も相談できます。

関係機関の紹介、ソーシャルスキルトレーニング、心理検査も行われています。

こども発達支援センター

住所:〒720-0032 広島県福山市三吉町南2丁目11−22

電話番号:084-928-1351

営業時間:08時30分から17時15分まで

幼児期を対象にしています。保育園や幼稚園と連携をとりながら、訓練や指導を行っていきます。

福山市役所ネウボラ推進課 あのね相談

福山市が推進している子育ての総合相談窓口、ネウボラ推進課です。

発達障害だけではなく、子育て全般、手当や制度の相談、専門機関の紹介まで幅広く行っています。

福山市内に12か所窓口があるので一番アクセスが行いやすい機関だとは思います。

No 愛称 場所 住所 電話番号
1 あのねRiM ふくやま子育て応援センター
(エフピコRiM6階)
西町一丁目1番1号 084-932-7233
2 あのね

すこやかセンター

健康推進課
(福山すこやかセンター6階)
三吉町南二丁目11番22号 084-928-1357
3 あのね

松永支所

松永保健福祉課
(西部市民センター内)
松永町三丁目1番29号 084-930-0422
4 あのね

北部支所

北部保健福祉課
(北部市民センター内)
駅家町倉光37番地1 084-976-1218
5 あのね

東部支所

東部保健福祉課
(東部市民センター内)
伊勢丘六丁目6番1号 084-940-2583
6 あのね

神辺支所

神辺保健福祉課
(かんなべ市民交流センター内)
神辺町川北1151番地1 084-962-5056
7 あのね

蔵王保育所

蔵王保育所 蔵王町二丁目8番50号 084-923-4352
8 あのね

水呑立正保育所

水呑立正保育所 水呑町4168番地 084-956-1630
9 あのね

西保育所

西保育所 古野上町15番5号 084-925-2621
10 あのね

柳津保育所

柳津保育所 柳津町五丁目1番20号 084-933-4224
11 あのね

新市保育所

新市保育所 新市町新市867番地5 084-752-5580
12 あのね

神辺保育所

神辺保育所 神辺町川南1030番地2 084-963-0093

※休館日…No.1は月曜日(祝日の場合は翌日),No.2~6は土・日曜日・祝日,No.7~12は日曜日・祝日

※開設時間…No.1は10時00分~18時00分,No.2~6は8時30分~17時15分,No.7~12は8時30分~17時00分

おわりに

発達障害は保護者の教育が悪かったからなるという訳ではありません。

しかし、自力で指導を行ってしまうと、無理な課題を立ててしまったり、効果が感じられず逆に支援者が疲弊してしまいます。

誰かの力を借りるというのは、悪い事でもありません。専門機関や専門医の力を借りて、少しずつステップアップしていきましょう。