ペアプログラミングをやってきた

同期とリモートでペアプログラミングをやってきました。

ペアプログラミングは2人で同じ画面やコードを共有して行うプログラミング手法です。

ペアプログラミングは品質を保証するという意味で優れていますし、チーム全体の技量も上がるので、研修だけではなく業務の一環として取り入れている企業もあります。

下記はヤフーの記事です。

 

次のグラフを見てください。ヤフオク!がペアプロやペアローテーションを取り入れてから約2年がたちますが、リリース数の増加、受け入れテストの失敗率や残業時間の減少など、さまざまな良い効果がもたらされました。ヤフーは、今後もペアプロ実践者を拡大していく予定です。

ペアプログラミングで「強いエンジニアチーム」を作る! ヤフーが実践する全てペアプロ開発の手法 より



今回は私が最近意識している関数切り出しとテスト駆動開発の流れをやりました。テスト駆動開発を用いることで、実装の結果が直ちに反映されるので、コードの正しさ、テスト駆動開発の良さが伝わったのではないかと思います。

みんなもユニットテスト書こう!

同期からは

 

・実装の有用なトピックが分かった

・実装の時に何を考えているか分かってよかった

・トピックがもうちょっと決まっているとより良いかも(といっても急きょ実施したので

 

という意見をいただきました。

やり方は同じ画面に向かって実装していくのですがリモートの場合はVisual Studio Codeの LiveShareを使用すると回線があまり強くない場合でもサクサク共有できました。

 

導入はこちらの記事を参考にしました。

Visual Studio Live Shareで始める快適なエンジニア間コミュニケーション