intra-martを標準開発基盤以外でデバッグしたいんだけど…途中まで

intra-martはJava及びJavaScriptで開発可能なビジネスプロセスアプリケーションである。

JavaScript(スクリプト開発)を行う場合、Eclipseベースの公式エディタeBuilderで書くよりVSCodeで書きたい気持ちが高まってきている。

どのエディタでも大丈夫ですが開発スピードを出しつつもビジネス用途向けなので、型でしっかり保護したいという欲求からスクリプト開発をする際に型を持たせられるTypeScriptを利用している。

そうなってくると、Eclipseのプラグインを入れるかTypeScriptやIntelliJのようなエディタに切り替えることになるけれど、eBuilderはエディタにダークモードを搭載するのが難しく、目がチカチカしてしまうという理由でVSCodeでの開発を行っている。

VSCodeは候補やコードジャンプ、マルチカーソル等のショートカットが優秀でなおかつ軽い。ダークモードも対応している。

という理由でVSCodeで開発を行っている。

実際に開発を行う際にはeBuilder上でローカル環境(Resin)を起動させ、ビルドも任せ、コーディングだけをVSCode上で行っている。

 

ただ、欲が出てくる(VSCodeで完結しないかなぁ)。

結論から言うと、デバッガーのログをパースできればリモートデバッグは可能そうだ。

ただ、ログをパースできない気がするので、素直にIntelliJを購入する方が良いかもしれないという印象がある。

 

intra-martでJavaScript開発を行う際に特徴的なのは、サーバーの種類とコンパイラである。Resinサーバーを利用し、RhinoというJavaScript実行環境を利用してJavaアプリケーション上でJavaScriptの実行を行っている。

なのでJavaScriptの挙動だけを見ると下記のようなフローになる。

VSCodeでRhino用のプラグインが見当たらなかったので、VSCodeの仕様を視界してソケットを実装する必要がありそうだ。

そうなってくると素直にIntelliJのプラグインを利用するかデバッグ自体はeBuilderで対応する方が良さそうだ。

IntteliJ欲しいなぁ…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする